このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News & Topics 新着情報

ブルーエコノミーとは

環境や社会に配慮しない経済活動や企業経営は誰にも受け入れてもらえない時代になりました。しかし、環境配慮(グリーン)のみを絶対基準におくこと、偏った「エコ」の広報により消費を抑え込むこと、本業にリンクしない活動に比重をかけすぎることなどは 企業や地域社会の持続可能性(サステナビリティ)にとっては、あまい良い結果を生まないのかも知れません。実際、私たちはそういった現場をいくつも見てきました。

この状況を脱却するためには経済面も考慮することが重要です。この考え方が「ブルーエコノミー」と呼ばれる概念です。新しい利益を生み出さなければ、環境や社会に配慮したCSR活動を持続することには多くの困難が伴います。ブルーエコノミー研究所はこういった課題を解決し、企業が積極的な経済活動によって社会と環境に好循環の影響を及ぼすために誕生しました。

大切にしている価値観

value.01 viewpoint

地球環境や社会、経済を大きなシステムとして捉え、それぞれが依存し影響しあっているという大きな視点を持つ

地球環境や社会、経済を大きなシステムとして捉え、それぞれが依存し影響しあっているという大きな視点を持つ

value.02 scheme

企業活動によって、社会を動かし、環境配慮を行うという仕組みを創り出す

企業活動によって、社会を動かし、環境配慮を行うという仕組みを創り出す

value.03 application

「利用価値がないモノ」「邪魔なモノ」「マイナスイメージ」を反転し、ブランディングとマーケティングに活用する

「利用価値がないモノ」「邪魔なモノ」「マイナスイメージ」を反転し、ブランディングとマーケティングに活用する

スタッフの多様性

ブルーエコノミー研究所には、価値観を共有したバックグラウンドの多様なコンサルタントが在籍しています。日本有数の実績をもった環境コンサルタント、ブランドに関する国際的な受賞経験をもったクリエイティブ・デザイナー、マーケティングや組織のコンサル出身者、廃棄物・リサイクル分野のプロフェッショナルなどです。また、日本国内や海外の様々な場所でCSRプロジェクト運営や講演実績がございますので、地域毎の特有の課題や言葉の問題にも対応できます。ご要望に応じてチームを組み、CSRやブランディング、マーケティングに関するソリューションを提供いたします。